鷲の巣村、エズ村

ニースにいる間に行きたかった場所のひとつがエズ村です。

エズ村は中世の面影を残す”鷲の巣村”のひとつで、ニースとモナコの間、海抜427mの岩山にあります。

ニース、モナコのどちらからもバス1本で行けるのですが、間違えて買ったモナコ行きの電車のチケットがあったので、エズ村のある鉄道駅、Gare de EZE Sur Merで降り、そこから路線バスで行くことにしました。

ちなみに、エズ村行きの長距離バスターミナルはニース駅から少し離れています。トラムを使えばバスターミナルそばまでいけるのですが、今回はニース駅すぐ近くに宿泊していたので利用しませんでした。

鉄道駅、Gare de EZE Sur Merは地中海沿いにある小さな駅です。

鉄道駅、Gare de EZE Sur Mer(エズ村)

この駅前にバス停があり、エズ村旧市街まで行く路線バスもとおっているのですが、本数が少なく目的のバスがくるまで1時間弱待ってました。
待ってる人が誰もいなかったら不安でしたが、観光客らしき人たちが数組いたので気長に待つことができました。

ここから歩いて旧市街までいけるルート、”ニーチェの道”というものもあるのですが、歩いて約1時間30分はかかるそうです。自然を満喫したく、体力に自信のある方ならいいかも。

バスの乗車時間は10分もなかったと思いますが、すっごい急な坂道を登っていったので歩きはつらそうです。

エズ村へ

 

バスはエズ村旧市街前で停車してくれ、エズ村へ入ると、中世の街並みが広がっていました。

エズ村1 エズ村2

 

狭い石畳沿いには、レストランやカフェ、工芸品のアトリエ兼ショップなどが建ち並び、散策するだけでもいい場所です。
エズ村3

 ただ、坂や階段を上り下りする場所は多いです。

エズ村を上へと上っていくと、高台に熱帯植物園、エズ庭園(Jardin d'Eze)があります。
大人1人6ユーロかかりますが、コート・ダジュールの眺めがすてきなのでオススメです。

エズ庭園からのコート・ダジュールの眺め(Jardin Exotique d'Eze)

 エズ庭園1(Jardin Exotique d'Eze)

 植物園なので、独特の植物も多いです。

エズ庭園2(Jardin Exotique d'Eze) エズ庭園3(Jardin Exotique d'Eze)
エズ庭園4(Jardin Exotique d'Eze) エズ庭園5(Jardin Exotique d'Eze)

植物園で景色を眺めながらベンチで休憩していたら、あっという間にお昼が過ぎたので、入口付近にあった、Le Pinocchioというレストランでパスタとピザを注文。

Le Pinocchio(エズ)
Le Pinocchioのピザ(エズ) Le Pinocchioのパスタ(エズ)

 

この2品に炭酸水を頼んで24ユーロ。手頃な値段だったので入ったお店でしたが、思っていたよりおいしかったです。

近くには、フラゴナールという老舗香水ショップがあります。ここは工場直営店で、お得な値段で香水が買えるということで、女性で賑わっていましたね。

帰りはバスでニースの中心部まで帰りました。
ちなみに、ニース行きのバスは2時間に1本しかないので、事前にバス時刻を見て観光したほうがいいです。

エズ村