ペリエ(Perrier)の聖地へ

ペリエ(Perrier)ご存知ですか?
炭酸入のミネラルウォーターです。

ダイエット効果もあるとのことで日本でも最近注目されるようになってきました。
どうやらお通じにもいいみたいですね。

私も炭酸入のミネラルウォーターにハマっていています。

その中でも特にペリエが大好きで夏場は1日に2リットル以上飲むことも多いです。
喉越しが最高で、毎日ビールの代わりにこれを飲んでいます。

この生活を続けてビールが飲みたくなくなり、脱アルコールにも成功することも出来ました。

炭酸水にもいろいろ試してみましたが、味は千差万別なんです。喉越しや味全てを総合するとペリエ(下図)に勝るものはないというのが今の個人的な見解です。

飲み過ぎても二日酔いの心配はないし体にもいいとのことなので、ずっとペリエを飲み続けると思います。

そんな大好きなペリエ、フランス原産と知り、今回そこに行ってみたいなと思いました。

いろいろと調べてみると、フランス南部にペリエの源泉と工場があるうえ、一般でも見学が出来ることを知り、ボン・デュ・ガールを見た後、ペリエの工場へ向かいました。


ボン・デュ・ガールからペリエの工場までは、南西へ約40km。
一般道を使っても1時間かからずに行ける距離でした。

が!事前に調べておいたペリエ工場の場所を間違えていたらしく、しばらく迷っていたのですが、大きな工場なのでなんとか見つけることができました。

■ソース・ペリエ(Source Perrier)工場内見学入口

大きな地図で見る

敷地には広い無料駐車場があり、そこからSource Perrierに入る入口があります。

Source Perrier内には見学工場やペリエの水源、ペリエバスなどもありました。

ペリエの水源(Source Perrier) ペリエバス(Source Perrier)

奥の方にはペリエグッズが買えるショップ兼展示館があり、入口には巨大ペリエ!

ペリエショップ(Source Perrier)

きれいに剪定された大人の身長ほどあるペリエです。

ここで工場見学の申込ができます。ただ、工場見学は時間が決まっており、この日は空きはあったのですが、この後の予定があったので見学は断念。ペリエの展示館だけ見ていきました。

展示館には過去のデザインのペリエや簡単な製造工程、3Dフィルムなどがありました。
ペリエ展示館1(Source Perrier)ペリエ展示館2(Source Perrier)ペリエ展示館3(Source Perrier)ペリエ展示館4(Source Perrier)

見学料金は3ユーロで、ペリエの500mlペットボトル1本ももらえます。

店内にはペリエグッズやオリジナルデザインのペリエ瓶なども売っていてかなりほしかったんですが、さすがにペリエ瓶を大量に買うわけにもいかず、数本だけ買っていきました。

建物前には樹木をいろんな形に剪定した庭木があります。

庭木(Source Perrier)

 

Source Perrier
営業時間:月~金の9:30~17:00(祝日除く)
料   金:大人3ユーロ(工場&展示館見学&ペリエつき) 敷地内の公園は無料
ショップは昼休み中閉まっているのでご注意を!

Source Perrierの庭

 

フランス・イタリア・モナコ旅行記へ戻る