アルルの世界遺産とゴッホの跳ね橋

ソース・ペリエ(Source Perrier)を見学した後、東南東約40kmの場所にあるアルルへ。

アルルには世界遺産となっているローマの古代遺跡群、ゴッホ作のラングロワ橋、別名”アルルの跳ね橋”のモデルとなった橋があるということで行くとこにしました。

ペリエからアルルまでは一般道で約50分ほど。

アルルの街自体は大きくないのですが、思ったより交通量があり、古代遺跡の近くに駐車場があるかどうかわからなかったので、遺跡群から少し離れた、Montée Vaubanという通り沿いにあった公共駐車場に車を停めました。

1時間弱の駐停車で1ユーロでした。

最初に歩いて向かったのが世界遺産のひとつ、アルルの円形闘技場。

世界遺産、円形闘技場(アルル)

 1世紀ごろ造られた、フランス最大級の古代闘技場で、最も広い所で直径136mもあるそうです。

 円形闘技場から歩いて3分ほどの場所には世界遺産の古代劇場もあります。

世界遺産、古代劇場(アルル)

古代劇場は紀元前1世紀には建造されたという大劇場。

どちらの世界遺産もイベントなどに現在でも使われており、古代劇場ではコンサートやバレエの舞台として、古代闘技場では復活祭から9月まで闘牛が行われているそうです。

さらに3分ほど歩くと世界遺産、サン・トロフィーム教会があります。

世界遺産、サン・トロフィーム教会(アルル)

サン・トロフィーム教会は南仏のロマネスク建築を代表する教会のひとつ。
教会自体は無料で見学できますが、回廊は別料金です。

ここで駐車場に戻り、車でゴッホのアルルの跳ね橋へ向かいました。

ゴッホの跳ね橋はアルルの中心部から南へ4kmほど離れていますが、車でなら10分ほどで行けます。

ゴッホの絵のモデルとなった跳ね橋(アルル)

 跳ね橋のそばには、この地をモデルにして描いたゴッホの絵の紹介版もありました。

ゴッホの跳ね橋の紹介(アルル)

名画のモデルとなった地を訪れたのは初めてだったので、ちょっと感動!

ここに行く際、周辺には何にもなく寂しい場所なので、レンタカーやタクシーでいくのがおすすめです。
 

ゴッホの絵のモデルとなった跳ね橋周辺(アルル)

アルルの円形闘技場と古代劇場(Arles Amphitheatre)
大人:6ユーロ

サン・トロフィーム教会の回廊(Saint-Trophime)
大人:3.5ユーロ