シュベルニー城からリヨンへ移動&給油

Château du Breuil(ブルイユ城)をチェックアウトした後、車で10分ほどでいけるシュベルニー城(Château de Cheverny)へ。

シュベルニー城入口

シュベルニー城は、現在にいたるまで他家の手に渡ったことがないことから、城館はほとんど当時のままの姿を残しているそうです。また、ロワール屈指の優雅な古城といわれているので、中を見学したかったのですが、天気が悪く、時間もなかったので外観だけみて次へ向かいました。

シュベルニー城

シュベルニー城(Château de Cheverny)
大人:8.7ユーロ
駐車料:無料

 

シュベルニーからリヨン近くのホテル、Best Western Le Longchampまでは約400kmの距離。有料道路は使わず、途中軽食をとったりしながら行ったので、約7時間かかりました。

リヨンへ向かう途中には、趣ある町がたくさんありました。

フランス中部の町並み1

また、古城も点在していて、景色を楽しみながらドライブできましたね。

フランス中部の町並み2
フランス中部の町並み3

このとき通った道の備忘録。(D765を南→D922を南→D976を南東→D2076を南東→N7を南→E62を東→D17を南東→D985を南→D987を南東→D43を南→D10を南→D385を南→D70を南→D7を南東→D30を南→D24E3を東→D489を東→D311を南へ行くと右手にあり)
 

ちなみに、フランスはアジアと違い、日曜日に休みとなるお店が非常に多いと聞いていました。
ガソリンスタンドも例外ではありません。しかも、この大移動は日曜日だったため、前日の土曜日に給油をしておきました。

セルフ式のガソリンスタンドで給油。ヨーロッパはセルフが一般的です。

セルフ式ガソリンスタンド

スタンドには大体、3種類のガソリンがあります。
Sans plomb 無鉛ガソリン、Super ハイオク、Diesel もしくは Gazole ディーゼル

今回はディーゼルエンジン車で、レンタカーの給油口にもディーゼルシールが貼ってあるので、間違えることなく給油できました。

レンタカーに軽油を給油

ただ、スタンドによってはディーゼル表示が”Diesel”ではなく”Gazole”としか表示されていない場所もあるのでディーゼルエンジン車を利用する場合は注意が必要です。

支払い方法は、日本のように機械にクレジットカードや現金を入れる方法と、併設のコンビニレジに行って支払う方法があります。

スタンドは高速道路や街の中だけでなく、カルフールなどの大型スーパーにも併設されており便利でした。ただ、街中のガソリンスタンドは日曜に休みとなっているところがほとんどでした。