ヨセミテバレーからの眺め

バレー入口付近にあるエルキャピタン(El Capitan)は世界最大の花崗岩の一枚岩。
前回来たとき数人見えたロッククライマー。今回は見えませんでしたね。
エルキャピタン

この左側にはこの時期だけの滝、リボンのようにねじれながら落下する
リボン滝も遠くにみえました。

そしてエルキャピタンの向側にはブライダルベール滝(Bridalveil Fall)が。
風で吹き上げられた白い霧が、まるで花嫁のベールようなので
この名前がついたらしいのですが、この日は非常に水量が多く
滝の真下はまるで暴風雨。
とてもベール気分は味わえませんでした。
ブライダルベール滝

でも、ブライダルベールという名前にちなんで
この場所で結婚式の撮影をしているカップルを見かけました。
素敵な場所だけど、撮影、大変そうでした。

バレー中心部にはヨセミテ滝。
グレイシャーポイントから見下ろすヨセミテ滝とはまた違う、
下から見上げるヨセミテ滝。流れ落ちる音も迫力満点。
ヨセミテバレーから見上げるヨセミテ滝

ヨセミテバレー内には無料ハイブリッドシャトルバスが循環。
これに乗ってミラーレイク・トレイルヘッドのバス停で下車しミラーレイクへ。

ミラーレイクまでの道は平坦で歩いて片道30分ほど。
バレー中心部と違い、とても静かで聞こえるのは渓流の音のみ。
ヨセミテバレーの渓流

のんびり歩いているだけでも気分が癒されます。

夕方にさしかかる頃、ミラーレイクに行ったので
到着したときにはだいぶ影ができてしまっていましたが
湖にはきれいなハーフドームが映し出されていました。
ミラーレイクに写るハーフドーム

この湖もバレー内にある滝と同じように夏から秋にかけて干上がってしまうので
このミラーレイクも今の時期限定の景色ですね。

最高の眺め、グレイシャーポイントへ戻る       ヨセミテ国立公園の動物達へ

マイルがたまいるトップへ