うれしいサービス、ヒルトン・プーケット

プーケット滞在の最後3日間は、カロンビーチにある、ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパに宿泊しました。去年の4月にきたときと同じ日本人スタッフの方がいて、僕達夫婦のことを覚えていてくれ、うれかったですね。

WELCOME HOME今回もラウンジがあるロータス棟に宿泊。部屋の前まで行くと、扉にランの花びらでつくられた"WELCOME HOME"という文字。ヒルトンにまた来た、というより帰ってきた!という気分になるのでいいですね。

部屋のタイプは前回と同じで、テーブルにはフルーツの盛り合わせやカーネーションが飾ってあった他に、バスルームにもうれしい気配りが。
それは、タオルで作られた動物です。大小のタオルで作った2羽の素敵な白鳥(左下写真)とハンドタオルでつくったかわいいゾウ(右下写真)。
クルーズ船でもタオルアートはありましたが、白鳥は一番の感動作品です。
白鳥ゾウ

そしてエグゼクティブラウンジで過ごした時間も多かったですね。特に夕方のハッピーアワーの時間帯は、アルコールを飲みながら、沈む夕日を眺めることができ、ゆったりとした時間が過ごせます。
沈む夕日1沈む夕日2

ハッピーアワーの軽食はおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。
ハッピーアワーの軽食

そーいえば去年いた孔雀の姿を全く見かけないので、どこにいったか日本人スタッフの方に聞いてみると、”そーいえば見かけなくなりましたね”という返事。どうやらあの孔雀、ヒルトンで飼っているわけではないので、どこから来てどこへいったか全然わからないそうです。

ラウンジからみた景色 (ラウンジからみた景色)

敷地内には3つのプールがあり、ビーチに近いプール、ロストホライズンプールには飛び込み台があります(左下写真)。飛び込み、楽しいですよー。夢中になります。
ロストホライズンの飛び込み台飛び込み中

ヒルトン・プーケット内のロストホライズンプール側から、道路を渡って目の前のカロンビーチに出ることも出来ます(左下写真)。ベストシーズンなので、人は多いですが、パトンビーチよりずっと人は少なく静かです(右下写真)。ただ、ベストシーズンといえども、午後の日差しはきついです。
ヒルトンプールからカロンビーチへカロンビーチ

前回宿泊したときの様子は下記から
ヒルトン・プーケット・アルカディア・リゾート&スパ
ヒルトン・ホテルの敷地にいた意外な鳥


パトンビーチの夜へ戻る                       プーケットのおみやげへ

マイルがたまいるトップへ