ラチャヤイ島へファンダイビング

みんながライセンスを取得した翌日、初級者ダイバーでも大丈夫なアクアランドの方おすすめのポイント、ラチャヤイ島へ行ってきました。もちろん、アクアランドで申込をしました。
ラチャヤイ島は、プーケット南東部のチャロン港から船で南へ約1時間半行った場所です。
チャロン港はボートの発着所として賑わっているそうで、多くの船が停留していました(左下写真)。船にはアクアランドで申し込んだ人だけでなく他の国の人達もおり、30人以上は乗り込んだと思います。
チャロン港チャロン港から乗船

船に乗ってすぐ、何本も並ぶタンクのひとつに機材をセッティングすると(左下写真)、本格的なダイバーになった気分になりました(笑)。その後、今回潜るポイントの地形やどんな魚がいるかをパネルを使って説明してくれます(右下写真)。
船に積み込んだ機材ラチャヤイ島の説明中

ラチャヤイ島のスタッグホーンとルーシーズリーフという二箇所に潜ったのですが、透明度が高いだけでなく、変わった地形があったり、多くの魚がいるなど、きれいないいポイントでした。海中って、ちょっと場所が変わるだけで景色や生物がガラッと変わる不思議で魅力的な場所ですよね。
透明度の高いラチャヤイ島沖ラチャヤイ島

海からあがったばかりの妻海からあがったばかりの妻(左写真)。一本目は流れが速かったこともあって、だいぶ疲れていましたー。体力不足を改めて実感したようです(笑)。
別のインストラクターと潜っていた年配のご夫婦の方が体力があったと思います。歳をとっても夫婦でダイビングができるなんて素敵ですよね。

最後に近くにいた外国人に日本人みんなで写真を撮ってもらったんですが、デジカメを5台以上差し出したので、ちょっと怒ってるようでしたが、全てのデジカメで撮ってくれました。いい写真が残せて感謝してます!!
同船した日本人メンバー

アクアランドでダイビングライセンスへ戻る         Sea Hagタイ料理レストランへ

マイルがたまいるトップへ