プーケットへ

クアラルンプールを満喫した後、クアラルンプールからマレーシア航空を利用してプーケットへ移動しました。
到着したプーケット国際空港は繁盛期だけあって、多くの人で賑わっていました。閑散期にきた去年の4月とは大違いです。

今回はミニバスを利用せずタクシーを利用しました。ミニバスはパトンビーチまで1人150バーツ、4人で600バーツ支払うのとタクシー1台の料金がほとんど変わらず、タクシーの方が早いのでタクシーにしました。

プーケットには10日間滞在し、最初の1週間はパトンビーチにある、比較的値段の安い、バウマンブリ リゾート&スパというホテルに宿泊しました。
今回宿泊したホテルは、今まで利用したホテルのバウマンブリ リゾート&スパで紹介しています。

バウマンブリ リゾート&スパは、パトンピーチの大通りから一本内陸に入ったRat-U-Thit 200 Pi Roadという通り沿いにあります。とても交通量の多い通りなのですが、2007年1月からカロン方向への一方通行となり、地元の人はかなり不便な思いをしているようです。
トゥクトゥクしかし、困るのは地元の人だけではありません。観光客にも影響があります。
それはトゥクトゥクの料金。以前はパトンビーチエリアであれば、交渉すれば100Bで目的地へ行けたのですが、一方通行の影響で、大回りする場所へ100Bで行くのは難しくなり、150B前後が相場のようです。
でも、交渉とタイミングがよければ100Bで乗せてくれたときもあったので、うまく交渉してみてください。

そうそう、タイから日本へ帰るとき空港で出国税が必要なんですが、この料金、500バーツから700バーツに値上げされています。しかも、今のところ現金払いのみなので、日本へ帰るときはバーツを使い切らず、1人あたり700バーツ残しておいてくださいね。

イケテル・レストランへ戻る             アクアランドでダイビングライセンスへ

マイルがたまいるトップへ