ペトロナス・ツインタワーとKLタワー

クアラルンプールには、台北101が建つ前までは世界一位の高層ビルだったペトロナス・ツインタワーとコンクリート製の塔としては世界一のKLタワーがあります。

最初に行ったのがペトロナス・ツインタワー(左下写真)。20世紀に完成した高層ビルの中では一番高いビルです。近くで見るとかなりの迫力があります(右下写真)。
ツインタワーを結ぶ展望エリアの見学は無料なのですが、見学するには整理券が必要です。私達は整理券をもらうため、午前中にはタワーにいったのですが、残念なことに、この日は見学ができませんでした。
ペトロナス・ツインタワーペトロナス・ツインタワー(Petronas Twin Towers)

このタワーは低層階がショッピングセンター、上層階は国営石油会社ペトロナスの本社やその他多くの企業が入るオフィスとなっており、企業の都合で見学が中止となることも多いようです。さらに、時間制限・入場制限もあります。

ペトロナス・ツインタワーの発注者は国営石油会社ペトロナス。日本の建設会社のハザマが受注、建設するはずだったのですが、いろいろあって、タワー1はハザマ、タワー2は韓国の建設会社、そして両塔を結ぶ連絡橋はフランスの会社が施工するという、なんとも珍しいタワー。
しかし、韓国の会社が施工したタワー2は、数度傾いているそうです。また、手抜き工事も指摘され、タワー2のテナントはほとんど埋まってないとか。夜、この二つのタワーを見ると、明らかに明るさが違うようですよ。

ペトロナス・ツインタワー(スカイブリッジ)
営業 :9:00~19:00(月曜休)
交通 :LRT KLCC駅下車徒歩5分
入場料:無料(時間・入場制限あり)

ペトロナス・ツインタワーの展望エリアが見学できなかったため、もうひとつのタワー、KLタワー(クアラルンプールタワー)にいきました。
タワーまで駅から徒歩10分とガイドブックにあったので、駅から歩いたのですが、坂道が多く丘のふもとまで行くのに20分以上かかりました。道を間違えたのか、他に道があったのか。。。タクシーを使った方がいいかもしれません。
丘のふもとには無料バスがあり、これを利用すれば急な坂道を登らずにタワーの入り口まで行けます。
KLタワーKLタワーにいたサル

KLタワーの高さはペトロナス・ツインタワーよりも低いのですが、展望台の位置はKLタワーの方が高く、ペトロナス・ツインタワーなど、市内が一望できました。
展望台にはレストランがあり、1時間30分で客席が1回転するので360度の景色を楽しめます。私達はいきませんでしたが、人気があるので予約した方がいいようです。
タワー下にはタクシー乗り場があったので、帰りは迷わずタクシーを利用しました。

KLタワー
住所 :Menara Kuala Lumpur Sdn Bhd Jalan Punchak,Off Jalan P. Ramlee,
     50250 Kuala Lumpur,Malaysia
TEL  :603-2020 5444
営業 :9:00~22:00(無休)
交通 :最寄駅LRT Dang Wangi駅またはKLモノレール Bukit Nanas駅
     丘の下とタワーを結ぶ無料シャトルバスあり
入場料:15RM(その他展望レストランとセットになった料金あり)

クアラルンプールの屋台街へ戻る                便利なモノレールとLRTへ

マイルがたまいるトップへ