花蓮の大理石・ワンタン・釈迦頭

太魯閣峡谷からの帰り、海岸に寄りました。海岸沿いは砂浜ではなく、石ばかり。でもこの石、大理石なんです。色とりどりの大理石がたくさんあり、きれいな珍しい石がないか、悪天候の中、結構探していましたねー。
大理石のある海岸大理石

花蓮ではおみやげ店に寄ったのですが、大理石の街だけあって、大理石のおみやげがたくさんあります。手頃な値段のものから高価なものまで、さまざまな品揃えです。他にも翡翠やサファイヤ、猫目石など、変わった石を多くみることができます。

夕飯は、花蓮扁食というワンタンのお店で食べました。ワンタン1品しか出してないお店ですが、これがおいしい!
花蓮扁食は台湾おいしい食事ランキングの花蓮扁食で紹介しています。

左下写真は道沿いにあった八百屋。ここで変わった果物を教えてもらいました。
釈迦頭(しゃかとう)という果物です(右下写真)。
仏像の頭に似ていることから、この名がついたそうです。果肉は白いクリーム状で、中に種があります。独特の食感ですが、とても甘くておいしいですよ。台湾では、花蓮中心とする東部で多く栽培されているそうです。
八百屋釈迦頭(しゃかとう)

花蓮から太魯閣峡谷へ戻る                    安心して過ごせる台湾へ

マイルがたまいるトップへ