ガンシューティング体験

関空初のANA便で深夜にグアムに到着。ANAハローツアーの現地係員が出迎えてくれ、今回宿泊するホテルまで連れていってくれました。今回宿泊したホテルは、ホテル比較のホリデイ・リゾート・グアム(Holiday Resort Guam)で紹介しています。

初日はオプショナルツアーを何も申し込んでいなかったので、ホテルで朝食を食べた後DFSギャラリー内にあるANAハローツアーデスクに行って予定を立てることにしました。
ANAハローツアーデスクに行ってダイビングができるか聞いてみると、既に予約で一杯。そもそも、今の時期は雨季なのでダイビングはあまりできないそうです。次にきれいな島へ行くツアーを聞いてみると、なんとその日は貸切で使えないということでした。こんなことってあるんですねー。そこで、午前中はガンシューティング体験をし、午後から近くのビーチへ行くことにしました。

ガンシューティングを体験した場所は、ウエスタン・フロンティア・ヴィレッジという実弾射撃場です。店内は射撃場だけでなく、ウエスタングッズ等も売っています。
ウエスタン・フロンティア・ヴィレッジウエスタン・フロンティア・ヴィレッジの店内

ウエスタン・フロンティア・ヴィレッジは日本人の方が経営しており、日本語で会話ができます。体験できるコースには、1種類の銃だけ撃つコースから数種類の銃を撃つコースまで数十種類のメニューがあります。
男性陣は男性に一番人気という、38口径+44口径+45口径セミオート各12発の計36発のコース(45ドル)に44口径セミオートのデザートイーグル(1発5ドル)を追加しました。妻は女性に一番人気の、22口径セミオートピストル+22口径(回転式)+38口径(回転式)各12発の計36発のコース(40ドル)を選びました。

実弾射撃場内は遮音・防弾設備が整っているためか、なんともいえない独特の空間です。最初にインストラクターの方から撃ち方を教えてもらい、自分で薬きょうを銃にセット、口径の小さい銃から的に撃っていきました。
思ったよりも撃つ際にかなりの反動がありました。どんどん口径を大きくしていき、最後にデザートイーグルを撃ったのですが、花火を打ち上げたと思うくらいに火花が散っていて、すごい反動でした。妻はかなり緊張していたようで、打ち終わった後かなり疲れていましたね。

ガンシューティング体験射撃が終わると、採点してくれます。男性は350点以上、女性は300点以上取ると景品がもらえます。誰も達成できませんでしたが、貴重な経験でした。テレビや映画等では簡単そうに撃ってますが、実際に撃ってみるとかなり銃の重みがあり、的に当てるのは思ったより相当難しいですね。
射撃場内での撮影はできませんが、店内で射撃の記念撮影ができます(左写真)。また、記念に空薬きょうがもらえます。グアムならではの素敵なお土産も購入できるので、DFSに立ち寄った際に寄ってみても面白いかもしれません。

ウエスタン・フロンティア・ヴィレッジ-Western Frontier Village-
住所 :P.O.Box HB, Hagatna(リーフホテル横、四川ラーメン横)
TEL  :1-(671)646-8261、1-(671)646-5670
営業 :10:00~20:00(年中無休)
その他:無料送迎サービスあり
           クレジットカード払い可
 
グアム旅行記へ戻る                ファイファイ パウダー サンドビーチへ

マイルがたまいるトップへ