F1グランプリのあるモナコ公国

3日目に寄港した場所がフランスのヴィルフランシュです。この近くには、モナコ、ニース、地中海を見渡せるエズ村等があります。
クルーズには各寄港地ごとにいくつものオプショナルツアーが用意されており、事前に申し込むことが必要です。私達は乗船初日に2種類のオプショナルツアーに申し込んでおきました。そのひとつが、3日目のモナコ半日(午前)観光ツアーです。
出発時間は朝の7時!ボイジャー・オブ・ザ・シーから小型の船に乗り換えて港へ向かったのですが、ヴィルフランシュはまだ日の出前だったので外は薄暗く肌寒かったですねー(左下写真)。
港に到着すると何十台もの観光バスが停まっており、私達は英語ガイドさんがいるバスに乗りました。
ヴィルフランシュの港ヴィルフランシュの港全景

モナコへ向かう途中に夜が明け、高台からヴィルフランシュを見渡せるポイントでバスが停車してくれます(右上写真)。この日は雨が降っていて視界はちょっと悪かったのですが。
モナコに入って最初に行ったのが、モナコ市街区。ここは宮殿・政府のある中心地区で、バスを降りていくつかの建物をガイドさんが紹介してくれました。
モナコ大聖堂モナコ大聖堂の内部

左上写真がモナコ大聖堂、右上写真がその内部です。ここで王室の結婚式や葬儀等も行われるそうです。奥には、モナコ公国王室のお墓もありました。
左下写真が公爵が住んでいる、モナコ大公宮殿です。昼前に衛兵の交代シーンを見ることができます。右下写真は宮殿広場から見たモナコの港です。モナコ・グランプリ時は、ホテルがすぐ満室になるので、船で宿泊する人も多いそうです。
モナコ大公宮殿モナコの港

バスはモナコ・グランプリのレーシングコースの一部を通過してくれます。下写真がその一部です。
モナコ・グランプリ、レーシングコース1モナコ・グランプリ、レーシングコース2

最後に寄ったのが、カジノで有名なモンテ・カルロ。
左下写真が有名なグラン・カジノです。カジノへ入るには身分証明書と入場料(10ユーロ)が必要で、軽装では入れません。右下写真は、歴史のある超高級ホテル、ホテル・ド・パリです。中へ入ってみたかったのですが、宿泊者以外は入れませんでした。
グラン・カジノホテル・ド・パリ(Hotel de Paris)

この周辺は超高級ブランド店が軒を並べ、街中を走る車も高級車ばかりでしたね。

最初の寄港地マルセイユへ戻る               イタリアのリボルノからピサへ

マイルがたまいるトップへ