バルセロナから乗船

ボイジャー・オブ・ザ・シー号が就航した当初はカリブ海クルーズが主だったようですが、2006年は西地中海クルーズを実施、2007年前半はまたカリブ海クルーズを実施予定です。そして、2007年下旬から2008年にかけてアジアクルーズを予定しており、公式ホームページでは既に予約を開始しています。
バルセロナには2日間に到着し、ヒルトン・ディアゴナル・マール・バルセロナに宿泊していたので、ホテルからはタクシーを利用、日本円でだいたい3,000円ぐらいだったと思います。後からわかったのですが、寄港地まではどこかの駅からシャトルバスがでているようです。ちなみに空港からのバスもあります(有料)。
ボイジャー・オブ・ザ・シー号乗船手続きカウンター
左上写真:ボイジャー・オブ・ザ・シー号 右上写真:乗船手続きカウンター

乗船手続き入り口には昼前ぐらいに到着したのですが、人はまだ少なく閑散としている感じでした。中へ入って乗船手続きカウンターへ行ってみてもまばらに人がいるだけで、ほとんど待ち時間なく乗船手続きが終わり、もの足りなさすら感じました。というのも、過去2回のカリブ海クルーズの乗船手続きにとても時間がかかったからです。
この手続き時間の違いは、出入国手続きが必要かどうかということでした。カリブ海の場合、いくつもの国を航海するので審査が厳しく時間がかかるのですが、西地中海の場合はEU諸国を航海するので出入国手続きが必要ありません。これが一番の違いでしょう。

手続きが終われば乗船できるのですが、13時までは部屋に入れないということで、11階にあるウィンジャマーカフェで昼食を食べることにしました。中に入って最初に目についたのが、スイカの彫刻”WELCOME”、”ABORD”(左下写真)!そしてスペイン料理の代表、パエリア(右下写真)。30人前ぐらいありそうなパエリア鍋に盛り付けてあり、おいしそうでしたが、味は大味ででした。
ここはバイキング形式になっていて、いつでも食事をすることができます。もちろん、おやつも常備されています。
スイカの彫刻パエリア

13時が過ぎたので、部屋へ行ってみました。ボイジャー・オブ・ザ・シー号にはロイヤルスイートからスタンダードルームまでさまざまな客室タイプがあり、値段がかなり違います。私達が利用した客室は、一番安いスタンダードルームの内側タイプで、1人約1200ドル(ボートチャージ、税金込み、2006年10月時点で約15万円)。10月は大分寒くなってくる時期のためか、値段も大分下がり、お得な料金でした。
スタンダードルーム内側タイプ洗面所
上写真:スタンダードの内側タイプの部屋と洗面所

西地中海クルーズへ戻る                 遊び場の多い屋外デッキ施設へ

マイルがたまいるトップへ