ゴシック地区のシンボル、カテドラル

カテドラル(Catedral)は、スペインにおける重要なゴシック建築のひとつです。私達が行ったときはファサードの修復中で全景を見ることはできませんでした(左下写真)が、中へは入ることができます。
中へ入ると、荘厳な大空間に圧倒されます。奥には大きな中央祭壇とステンドグラスがあり、その美しさにしばらく見入ってしまいました(右下写真)。
ファサード修復中のカテドラルカテドラル内のステンドグラス

祭壇を目の前にて、右上には大きなパイプオルガン(左下写真)があり、生演奏を聞くことができました。中央祭壇の地下には、地下礼拝堂とサンタ・エウラリアの聖体安置所があります(右下写真)。
パイプオルガン地下礼拝堂

カテドラルは通常無料で見学できるのですが、14時~17時の間は特別入場の有料となります。ただ、この時間帯しか入れない、展望台や回廊へいくことができ、美術館の見学料も含まれています。
カテドラルの展望台カテドラル回廊中央にいるガチョウ
左上写真:展望台からみたファサードの裏側
右上写真:回廊中央に放たれていたガチョウ

カテドラル(Catedral)
住所 :Pl.de la Seu
TEL  :+34 93 315 1554
営業 :月~金 8:00~13:15、16:30~19:30
     土・日・祝日 8:00~13:15、17:00~19:15
入場料:上記期間は無料
      月~土 13:30~17:00と日・祝日14:00~17:00の間は特別入場で4ユーロ
      (回廊、展望台、美術館見学含む)
交通 :地下鉄L4号線ジャウマ・プリメ駅(Jaume I)下車徒歩3分
その他:現金払いのみ

旧市街中心地、サン・ジャウマ広場へ戻る     ピカソのすごさがわかるピカソ美術館へ

マイルがたまいるトップへ