日本からバルセロナへ

ANAの機内食今回はANAを利用して、小松空港出発、成田、フランクフルト経由でバルセロナへ行きました。
日系以外の航空会社だと経由地での待ち時間が長くて時間がもったいないのですが、今回は成田やフランクフルトでの乗り換え時間が1~2時間とちょうどいい感じでした。
といってもヨーロッパは遠いですね。

成田-フランクフルト間で約12時間、フランクフルト-バルセロナ間で約2時間、待ち時間等含めると、まる1日かかります。ただ、今までアメリカ系の航空会社が多かったせいか機内食はとてもおいしく感じました。(上写真:ANAの機内食)

バルセロナ空港には夜8時前に到着。電車で市内まで行こうと思って空港駅を探していたんですが、空港内はとても広い上に、案内表示が少なくてわかりにくかったですね。空港駅にいくには、1階到着ロビーのターミナルA(国際線)とターミナルB(国内線)の中間あたりへ行き屋外へ出ると、近くに空港駅へ向かう長い歩道橋(左下写真)が見えるます。階段かエレベーターで昇ると、右下写真のようなちょっと怪しい空間を約300mほど歩くと空港駅に到着します。結構歩きますが、部分的に動く歩道があるので大きな荷物があってもそれほど大変ではありませんでした。
空港駅と空港を結ぶ歩道橋歩道橋内部

バルセロナ空港駅空港駅にある案内にはスペイン語表記しかなく、どの列車に乗ればホテル近くまで行けるのかさっぱりわからずにいると、そばにいた方が降りる駅を教えてくれ、その後は地下鉄に乗り換えるということでした。というわけで教えてくれた駅までの切符(1人2.4ユーロ)を買い列車に乗り込みました。車内は羽田空港から浜松町を往復しているモノレールの車内と似ていましたね。(上写真:バルセロナ空港駅)

約20分でほどで駅に到着し、地下鉄を探したのですが見当たりません。夜も遅く、案内所等も閉まっていて尋ねる人がいなかったので、タクシーを使うことにしました。
夜なので道が空いており、運転手さんは結構飛ばしていたんですが、それでも15分ぐらいはかかったでしょうか。メーター制だったのですが、ちょっと高かったですね。ちなみに、スペインでは、トランクに荷物を入れると1個につき0.9ユーロ、深夜や日曜・祝日に利用すると基本料金と1kmあたりの単価が少し高くなります。

今回の宿泊もヒルトンにしました。ここでも部屋をアップグレードしてくれ、部屋は2面に大きな窓がある角部屋でした。
泊まったホテルの詳細はヒルトン・ディアゴナル・マール・バルセロナで紹介しています。

バルセロナ旅行記へ戻る             今も建築中のサグラダ・ファミリア聖堂へ

マイルがたまいるトップへ