大韓航空機内でインターネット

今回のツアーで利用した飛行機は全て大韓航空だったのですが、ソウルとドバイの2回経由してカイロへ行きました。
韓国らしく、機内食はほとんどビビンバか洋食を選ぶスタイルでした。そして、一番うれしいことがありました。なんと、機内で無線LANが使えるんです!最初のログイン時にクレジットカード番号等を登録してログインすれば利用できるようになります。1時間9.95ドル、2時間14.95ドル、3時間17.95ドル、24時間26.95ドルの4つのプランがありますが、長期フライトの場合、24時間タイプがお得です。というのも、サインイン後24時間以内であれば乗り継ぎ便でも利用できるからです。座席下には電源プラグもあるので、ネットユーザーにはとってもうれしいサービスですよ。ただ、不思議なことに、帰りの便ずっとは無料でログインできました。
しかし、この機内ネット接続サービスは2006年でやめるそうです。どうやら世界的に需要が少なかったらしく、サービスを提供してきた会社がやめることにしたようです。残念!

大韓航空機内食のビビンバインチョン国際空港のネットカフェ
(左上写真:機内食のビビンバ、右上写真:インチョン国際空港のネットカフェ)

ソウルでの乗り継ぎで3時間ほど時間があったので、24時間利用できるネットカフェで時間を潰していました。60分3000ウォン(約380円)で利用できますが、19:30から翌日8:00まではお店の方がいなくなるので、クレジットカード払いができません。この時間帯は、自動販売機でコインを買ってインターネットを使うのですが、カード払いができないので、ウォンで支払うことになります。

エジプト旅行記へ戻る                  イスラム文化と日本文化の違いへ

マイルがたまいるトップへ