カオハガン島でランチ

カオハガン島内をしばらく歩くと、きれいなビーチに着き、昼食はビーチ沿いに建つ、右下写真のような建物の中で食べました。
カオハガン島のビーチ食事をした場所
カオハガン島の砂浜ビーチ沿いの建物

左下写真はフィリピンスタイルのバーベキューで、鶏肉、エビ、魚、イカを串刺しにして焼いてあり、籐のお皿にバナナの皮をひいて出してくれました。タレをつけて食べるのですが、タレをつけなくても味がついてておいしかったですよ。これ以上においしかったのが、マンゴー(右下写真)。甘みと酸味のバランスがとてもよく、みんなでマンゴーを食べつくしました。
フィリピンスタイルのバーベキュー旬のマンゴー
お腹をすかせた犬地元の子供達
(左上写真:お腹をすかせた野良犬、右上写真:地元の子供達)

左下写真の建物では、お土産や右下写真のような地元の新鮮な魚介類が売られていました。ただ、私達が行った時間はちょっと遅かったので、もう片付け始めていましたが。
お土産屋獲れたての魚介類

同行してくれた平野さんは、カオハガン島では名が知られてるようで、顔見知りの人がたくさんいる感じでした。おかげで私達はのんびり楽しく過ごすことができ、明日のダイビングも平野さんのところでお願いしました。

そうそう、セブ・ビーチ・クラブに入るときに払った入場料には昼食で使えるバイキング券がついていたのですが、私達は食べれずもったいないと思っていたら、平野さんが1人300ペソ分の食事券として使えるよう、セブ・ビーチ・クラブのレストランに交渉してくれ、早めの夕飯をここで食べてかえりました。

セブ・ビーチ・クラブ(Cebu Beach Club)
住所 :Buyong,Maribago,Lapu-Lapu City
交通 :マクタン国際空港から車で約20分
TEL  :032-492-1888
その他:宿泊者以外は入場料350ペソ必要

セブ・ビーチ・クラブのツアー会社へ戻る マクタン島沖合いでダイビングへ

マイルがたまいるトップへ