北京動物園の交通手段

北京で行きたかった場所のもうひとつがジャイアントパンダがいる北京動物園です。
入園料の価格設定はいくつかあり、ジャイアントパンダが見れる一番安い料金は1人20元でした。ちなみに、入園料は夏と冬で価格が違い、夏の方が高くなっています。
北京動物園 北京動物園正面

北京動物園までは、地下鉄、西直門駅を降りて歩いたのですが、30分はかかりました(少し迷ったのと、暑かったせいもありますが)。ですので、北京動物園へ行くには、バスかタクシーを使うことをお勧めします。
私達は詳細なバス路線図を持っていたので帰りはバスを使いました。北京動物園前を通る路線バスはたくさんあり、市区内であれば1、2元で路線バスに乗れます。慣れれば安くて非常に便利な交通手段だと思いますよ。

北京動物園へ行こうと思っている方、園内では入ってすぐのところにあるミニバスをうまく利用して効率よく周りましょう(バスは有料ですが)。
北京動物園は約50万㎡もある中国最大規模の動物園で、全て歩いて見て回るのは大変です。私達は園内の1/3を見た時点で疲れてしまったので帰ろうと思い出入り口付近まで行くった時にこのバスの存在を知りました。最初に気づいていれば全て見て回る元気があったでしょう。

北京動物園
住所   :北京市西条区西直門外大街137号
開園時間:夏(4月~10月)7:30~18:00  冬(11月~3月)7:30~17:00
       大熊猫館(ジャイアントパンダ) 8:00~17:00
入場料  :20元(夏料金、パンダも見れる)
       その他にも水族館も見れる券(100元)等あり
交通   :市内から路線バス 動物園前下車
       7、15、19、27、102、103、105、107、111、808等あり


戻る                                             次へ