北京のシンボル-天安門広場

北京に来たら必ず行こうと思っていた場所のひとつが天安門広場。
到着してみると、
天安門広場北にある天安門天安門

曇り空、というより霞がかかっていて、きれいな写真を撮ることができませんでした。。。でも、とても広大な広場だという実感はできました。
天安門広場の北側には天安門があります。西側には日本の国会議事堂に相当するような人民大会堂、東側には中国国家博物館があり、広場の中心には人民英雄記念碑、その南側には毛主主席記念堂(毛沢東氏のお墓)があります。どの建物も巨大で中国のすごさを感じました。

天安門には1人15元で登ることができ、多くの観光客登っていました。天安門に登る時は大きな荷物やペットボトルを預けなければいけません(有料)。さらにボディチェックを受ける必要があるため、私達は登りませんでした。快晴で大きな荷物がなかったら登っていたかもしれません。

天安門広場そばで武術練習中?地下鉄、天安門東駅を出口付近の建物のそばで、何かの練習をしていました。盾と剣らしきものを持って、武術練習をしているようでした。
天安門広場でペットボトルのお茶を買ったのですが、砂糖入りで甘いお茶でした。新しい飲み物と思って飲めば飲めました。中国では砂糖入りペットボトルが多いので、買う時はよく見てから買いましょう。
天安門
開門時間:8:30~16:30
入場料  :15元
交通   :地下鉄 天安門東駅下車
       路線バス 天安門下車
       1、2、4、10、20、37、52、54、120等あり

戻る                                             次へ