ミレニアム・ヒルトン・バンコク

ミレニアム・ヒルトン・バンコクは、2006年春にグランドオープンしたばかりの5つ星ホテルです。チャオプラヤー川沿い(西側)に建ち、チャルン・ナコーン通りに面していて、バンコクを一望できる32階建ての高層ホテルです。ホテルには、SPA、プール、ジム、数種類のレストラン等があります。

Millennium Hilton Bangkok

そして、バンコクらしいのが、船を使ってホテルにいけることです。BTSサパーンタクシン駅(saphan taksin)下に船着場があります。左側の方に各ホテルへ向かう船着場があり、ここでミレニアムヒルトン行きの船に無料で乗れます。舟に乗って約10分で到着します。また、リバーシティとミレニアムヒルトン間でも運行しています。どちらもだいたい20分間隔で運行しています。

渡し船

行きはスクンビット通りからタクシーでホテルに行こうとしたんですが、新しいホテルのせいなのか発音が違うのか、知ってる人が全然いませんでした。でもペニュンシュラ・バンコクの近くだということをわかってもらえ、なんとかホテルにいくことができました。空港から直接行けば早かったと思います。

チャルン・ナコーン通りからエントランスに向かう道には、竹林があり涼しげな雰囲気を演出しています。真新しいロビーの吹き抜けは非常に高く、一番高いところは10階以上の吹き抜けになっていたと思います。

1階でチェックイン手続きをしようとしたら、ヒルトン・ゴールド会員の方は最上階のエグゼクティブラウンジで手続きをするということで、ラウンジにいきました。ラウンジでは手続きにちょっと時間がかかったため、軽食やコーヒーを飲んで待っていました(無料)。

用意してくれた部屋は25階の
エグゼクティブリバービュールーム(Executive River View Room)。
エグゼクティブリバービュールーム1エグゼクティブリバービュールーム2

ちょっと逆光でわかりにくいですが、ベットは窓に面しており、寝ながら外の景色を楽しめます。ベット後ろには、眺めのデスクと座り心地のいいイス、LANケーブルがあるので、パソコン作業をしながら外を眺めることもできます。

ただ、ネットの接続料は24時間で620Bかかります。しかし、エグゼクティブラウンジでは無料で無線LANを使えたので、私達はラウンジでネットをしながら半日近く過ごしました。夕方になると、ラウンジで簡単な食事やお酒を無料で飲食ができます。

バスルーム部屋のバスルームにはシャワーブースとバスタブがあり、バスタブはなんとジェットバスでした。ホテルの部屋でジェットバスに入れるのは気持ちがよかったですよ。そして、トイレもシャワーブースのように仕切られ、間接照明が素敵でした。冷蔵庫にはアイマスクがあり驚きました。
そして、1人2着までランドリーサービスが無料でした。これはゴールド会員の特典なのかもしれません。

当初は2005年末にオープン予定だったのですが、どんどん延びて2006年春になったようです。でも、行ってみるとまだ工事をしている箇所がありました。

戻る