古都チェンマイ

プーケットからバンコクエアウェイズを使ってチェンマイに行きました。チェンマイ国際空港から市内中心部まで車で約15分ほどでいけます。

チェンマイではホテルではなく、コンドミニアムに約1週間滞在しました。コンドミニアムとは日本でいう分譲マンションのこと。通常、コンドミニアムは数ヶ月~1年単位でしか借りることができないのですが、ネットで見つけたヒロ アジアン プロジェクトさんで扱っている物件は短期でも滞在できることを知り、こちらで予約しました。この会社は日本人の方が経営しており、チェンマイ、チェンライでの不動産業やロングステイヤーのサポートを中心に行っている会社です。

チャンクランレジデント私達が宿泊したのは、チャンクランレジデントというコンドミニアム(左写真)で、ここの2階に、ヒロ アジアン プロジェクトのオフィスもあります。オフィスで手続きをした後すぐ部屋を利用できましたし、わからないこともすぐに聞けるのでとても便利でした。

建物内では、数人の日本人を見かけました。また、街を歩いていても年配のご夫婦をよく見かけたので、チェンマイは本当に日本人長期滞在者が増えているんだと実感しました。



寺院1寺院2

チェンマイ市街のあちこちに上写真のようなワット(寺院)があります。皆とても信心深いようで、僧侶を敬っていたり説法を聞いている光景を何度か目にしました。

ターペー門旧市街は左写真のような門で囲まれており、この門に沿って道路があります。毎週日曜の15時から深夜までターペー門から旧市街の中まで歩行者天国になり、たくさんの露店が集まるということで15時過ぎに行ってみました。



ターペー門は多くの露店が出てにぎわっていたのですが、旧市街の中に入るとまだ準備段階で、にぎわっている様子を見ることができませんでした。多くの人でにぎわうのは18時以降のようです。

戻る                                              次へ