空港税とは?

空港税とは、渡航先の国々の法律などで、その国に滞在や経由したりする渡航者個人に対して支払いが義務付けられている税金のことです。

空港税は、航空券代とは別にかかります。その国によって、出国税・入国税・PFC・騒音税などいろいろな種類があります。最近ではほとんどの場合、航空券発券時に空港税支を払うように義務付けられていますが、一部、現地払いの国もあります。

ちなみに、日本の場合、旅客サービス施設使用料といいます。