航空保険料とは?

航空保険料とは、2001年9月11日に起きた米国同時多発テロ事件の影響により、今まで航空会社が支払っていた保険料が大幅に引き上げされたことや航空保安強化に関わる急激な費用増により、搭乗者がその増額分の一部の負担する料金のことです。この航空保険料は、各航空会社により設定の仕方が大きく違います。