アメリカ旅行の際はスーツケースの鍵には注意しましょう

アメリカでの同時テロの後、テロ防止のために荷物の検査がとても厳しくなっています。

スーツケースを預ける際には、スーツケースに鍵をかけてはいけません。何故かというと、 テロ防止のために怪しい荷物があれば片っ端から開けて確認しているようで、 もし鍵がかかっていてもスーツケースを壊しても開けて検査するのです。実際に私もアメリカ旅行に行った際に体験しました。

スーツケースの鍵を閉めたいといったところ、中身の検査だったらいいよ、と言ってくれたので検査後に鍵を閉めたのですが、 日本にてスーツケースを受け取った際に見事に壊されていました。

係りの人が鍵をかけていいと言っていたのに壊されていたことに納得できず、 航空会社の人にクレームを言ったところ、 アメリカ政府に対して修理金額を請求できる申請書をくれました。

早速提出したのですが、"1年後"にやっと返事があり、結論としては補償はできないという内容でした。 (最初からあきらめてはいましたがやっぱりという感じでした。)というわけで、 もし鍵を閉めていてスーツケースを壊されても泣き寝入りしかないのが現状です。

アメリカに旅行される際にはくれぐれもお気をつけください。

ロックしたい方はTSAロックというものもあるので、このタイプがついたスーツケースを購入されることをオススメいたします

戻る

マイルがたまいるトップへ