アメリカ旅行記2日目(ヨセミテ&移動)

[2005年5月4日]
朝は7時に起床。あまり食欲がなかったので、 お土産ショップでコーヒーとマフィンを買って、外で朝食。
お土産ショップに昨日飲んだお気に入りのヨセミテの地ビールもあったので合わせて購入。

今日はヨセミテでの絶景を見に行く予定。ホテル一番の有名な場所に行く予定。5~7月は、その雪解け水が大量に発生し、 いたるところで滝をみることができる。こちらはブライダルベール滝。実物を見るとその理由がわかる。デスバレー(死の谷)など、 アメリカ人はネーミングが実にうまいといつも感心する。

こちらは”トンネルビューポイント”からの眺め。ヨセミテ国立公園を一望できる。ちょっと曇りなのが残念だったが、壮大な景色だった。

友人よりトンネルビューよりもさらにいい眺めはグレイシャーポイントだと聞いており、とても楽しみにしていたが、積雪のため進入禁止。 代替案とした考えていたセコイアの木見学に変更。車を南へ走らせる。ヨセミテ国立公園の南出口から歩いて1時間程歩くと、 セコイアの木を発見!

妻と比べてもらうとわかると思うが大きさは見ての通りで想像を超えた大きさ。 この先には1時間歩いたところにさらに大きいものがあるというが、さすがに断念。車でロスに向かうことにする。

途中、Route41沿いのスペイン料理店(EL CID)で昼食。付け出しに定番のサルサソースとチップスが出てこれがまた美味。 スペイン料理店に行くと殆どのお店で出される。是非アメリカに行った際には立ち寄られることをお勧めしたい。

車で6時間ほど南へ走らせ途中、Route99、Route5、Route210と乗り継いで目的地のロスへ。 予定より時間があったので、友人住むパサデナまで移動することにした。

ついにロスのパサデナへ到着。到着後、モーテルに価格を聞きリーズナブルで設備の比較的よいVAGABOND INN(一泊$68)という場所に宿泊することに決定。無線LANインターネットでインターネットもできたが、借りた部屋では電波が届かず、 わざわざロビーに行く必要があった。

それにしてもアメリカでは無線LANでインターネットができる場所が非常に多いことに驚いた。 有線LANがないところのほうが多いのでノートを持参されるのならば無線LANのカードを持っていかれることをお勧めする。

VAGABOND INNにチェックインした後荷物を置き食事する場所を探す。市内観光がてら車でパサデナ周辺を走ったが、 アメリカの無味乾燥な場所でなく、とても温かみのある住み安そうな場所。

途中、吉野家を発見した。日本で牛丼が食べられないこともあり、今日の夜は吉野家に決定。注文。 価格は日本と同じくらい($2.94)。味も同じで大変懐かしかった。ただ、内容が”つゆだく&具だく(笑)”。 ご飯と同じくらい具が入っていた。材料費がご飯よりもトッピングのほうが安いのだろうか。

ホテルに戻り、お酒を飲んで就寝。歩きの疲れからかホームページを更新する余裕なし。

明日はついに友人の家へ!とても楽しみ。

 

アメリカ旅行記1日目 (ヨセミテ)へ         アメリカ旅行記3日目(友人の家) へ

戻る

マイルがたまいるトップへ