F1海外観戦旅行記 TOP >F1海外観戦旅行記:2014F1マレーシアGP >

金曜日(フリー走行1,2)

3年ぶりにセパン・サーキットに戻ってきました。マレーシアGPはF1海外観戦にはまるきっかけとなった思い出のグランプリです。
セパンサーキット

グランドスタンドから。こちらはマルティニがメインスポンサーとなり今年から新しいカラーリングになったウィリアムズのバルテリ・ボッタス

バルテリ・ボッタス

ついに、新レギュレーションになったエンジン音を聞くことが出来ました。2013年の2.4リッターのV8から2014年は1.6リッターのV6ターボエンジンに変更になりました。

あわせて、2013年に使われていたKERS(運動エネルギー回生システム)がERS(エネルギー回生装置)に変更になり、運動エネルギー回生だけでなく、熱エネルギーも回生出来るようになりました。要するに、今までよりもガソリンが持つエネルギーをより効率的に活用できるようになりました。ガソリンの燃焼効率としては世界最高レベルとのこと。

ガソリンの燃焼効率を上げるということは反面、エンジン音も小さくなる傾向があるようです。燃焼する際の爆音というのも、エネルギーのロスに繋がるというのがその理由です。

そのため、燃焼効率のいい2014年のエンジン音(正確にいうとパワーユニット音)は2013年以前と比較しても小さくなります。現地で聞いてみても確かに格段に音が小さいです。

2011年にマレーシアのグランドスタンドで観戦した時にはエンジン音の反響で耳栓をしていないと観戦出来なかったのですが、今回は耳栓が無くてもある程度快適に観戦できました。こちらは今年からウィリアムズに移籍した、フェリペ・マッサ

フェリペ・マッサ

こちらは最終コーナーです。エンジン音が小さくなったので、タイヤのスキール音が聞こえるようになりました。
メルセデスのルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトン

金曜日は、自由席のようで、様々な場所から観戦できました。しかも、鈴鹿などと違って観客も少ないのでじっくり撮影可能です。F1マシンを撮影したいなら金曜日がオススメですね。

 ≪セパン・サーキットへの行き方 土曜日(フリー走行3,予選) ≫ 



2014F1マレーシアGP記事一覧

2014年マレーシア観戦記2014年マレーシア観戦記
航空券の確保航空券の確保
ホテルと観戦チケットの確保ホテルと観戦チケットの確保
現地観戦のための参考情報現地観戦のための参考情報
水曜日(ケータハムイベント)水曜日(ケータハムイベント)
セパン・サーキットへの行き方セパン・サーキットへの行き方
金曜日(フリー走行1,2) ←現在
土曜日(フリー走行3,予選)土曜日(フリー走行3,予選)
日曜日(決勝)日曜日(決勝)
まとめまとめ