F1海外観戦旅行記 TOP > F1お役立ち情報:

F1ドライバーを一瞬で見分ける方法(2015年版)

F1テレビ観戦などでも、チームの見分けはついても、ドライバーまで一瞬で見分けることってなかなか難しくないですか?

ドライバーごとにヘルメットが違っているのですが、これがなかなか覚えられません。

せっかく覚えてもセバスチャン・ベッテルみたいに毎回のようにヘルメットが違うドライバーがいたりするので(笑 これもあまり参考にならない場合も出てきます。

ではどうするかというと、F1マシンの上部にある車載カメラの色で識別すると楽なんです。

黒色の車載カメラが第1ドライバー
黄色の車載カメラが第2ドライバー

という具合です。

例えば2013年のレッドブルの場合は
セバスチャン・ベッテルはカーナンバー#1(第1ドライバー)
マーク・ウェバーはカーナンバー#2(第2ドライバー)
となります。

注)2014年から固定ナンバー制になり、カーナンバーが小さくても、第1ドライバーというわけではありません。

先ほどのルールにあてはめると黒い車載カメラはセバスチャン・ベッテルのマシン。

2013セバスチャン・ベッテル

こちらの黄色い車載カメラはマーク・ウェバーという具合ですね。

2013マーク・ウェバー

ちょこっと加工していますが、例えばこのようにカーナンバーやヘルメットがない写真でもマーク・ウェバーのマシンだとわかります。(こちらは2013年の写真です)

2013マーク・ウェバー

2015年の全ドライバーでこれを当てはめると下記の通りです(#はカーナンバー)

■メルセデス
#44 ルイス・ハミルトン(HAM) 黒色
#6 ニコ・ロズベルグ(ROS) 黄色

■レッドブル
#3 ダニエル・リカルド(RIC) 黒色
#26 ダニール・クビアト(KVY) 黄色

■ウィリアムズ
#19 フェリペ・マッサ(MAS) 黒色
#77 バルテリ・ボッタス(BOT) 黄色

■フェラーリ
#5 セバスチャン・ベッテル(VET) 黒色
#7 キミ・ライコネン(RAI) 黄色
 
■マクラーレン
#14 フェルナンド・アロンソ(ALO) 黒色
#22 ジェンソン・バトン(BUT) 黄色

■フォース・インディア
#27 ニコ・ヒュルケンベルグ(HUL) 黒色
#11 セルジオ・ペレス(PER) 黄色

■トロロッソ
#33 マックス・フェルスタッペン(VES) 黒色
#55 カルロス・サインツJr(SAI) 黄色

■ロータス
#8 ロマン・グロージャン(GRO) 黒色
#13 パストール・マルドナード(MAL) 黄色
 
■ザウバー
#9 マーカス・エリクソン(ERI) 黒色
#12 フェリペ・ナスル(NAS)  黄色

■マノー
#28 ウィル・スティーブンス(STE) 黒色
#98 ロベルト・メルヒ(MER) 黄色

撮影した写真を整理する際やテレビで観戦する際、このルール覚えておけばとても便利ですよ。