F1海外観戦旅行記 TOP >F1お役立ち情報:F1用語解説 >

フロントウイング(Front wing)

名前の通りに車体前(フロント)についた翼(ウィング)です。

このパーツの目的はダウンフォースを発生させるためです。フロントウイングは飛行機の翼を逆にした形になっています。

スピードを上げると飛行機は浮きますが、翼が逆向きに付いているため、地面に押さえつけられる力が発生してそれがダウンフォースといいます。この下向きの力のおかげでコーナーを速いスピードで走れたりするわけですね。

写真の赤色で囲んだ部分がフロントウイングです。

フロントウイング

 ≪エキゾースト(Exhaust) インダクションポッド(Induction Pod) ≫ 



F1用語解説記事一覧

F1用語解説F1用語解説
サイドポンツーン(Side Pontoon)サイドポンツーン(Side Pontoon)
プルロッド(Pull rod)/プッシュロッド(Push rod)プルロッド(Pull rod)/プッシュロッド(Push rod)
ディフューザー(Diffuser)ディフューザー(Diffuser)
エキゾースト(Exhaust)エキゾースト(Exhaust)
フロントウイング(Front wing) ←現在
インダクションポッド(Induction Pod)インダクションポッド(Induction Pod)
ポディウム(Podium)ポディウム(Podium)
DRS(Drag Reduction System)DRS(Drag Reduction System)